FXで手堅く儲ける、トラップトレードをリピートする取引

By admin  

FX取引が流行しています。
FXという言葉は一般的には「Foreign eXchange」の事で、つまりは外国為替。
しかし、今巷で「FX」と言った場合「CDF」というデリバティブ金融商品のうち、外国為替を対象にした取引契約を指すのが普通だと思います。

その意味でのFXは『外国為替証拠金取引』と表現され、一定額の証拠金を担保に入れると、その担保の金額の数倍から数十倍の取引ができる契約です。
そして、「CDF」としての「FX」では取引金額の全てを受払するのではなく、売買の差額のみを交換します。

「FX」では外国為替市場での各国通貨取引レートの変動を利用した売買差額で利益を出す取引ですから、場合によっては元本割れを起こすリスクがあります。
この為、取引の仕方を工夫して巨額の損失を出さないようにする必要があります。
FX取引では一般にロスカットというシステムが備わっていて一定の損失を出すと強制的に決済が行われて、巨額の損失にならないように顧客を保護しています。
とはいえ、やはり、あらかじめ損失を出さないような取引のテクニックを用いるべきでしょう。

巨額の損失リスクを減らし長期的に手堅く利益を上げるトレードの方法に「トラリピ」という手法があります。
「トラリピ」の手法を顧客用の取引システムに盛り込んでいるFX業者もあります。
「トラリピ」と言うのは「トラップリピート」の短縮形。
「トラップ」は「罠」の英訳で、「リピート」とはこの罠を繰り返すと言う意味になっています。
「トラップトレード」に関しては、「もし、一定の金額まで下がったら買い」「もし、一定の金額まで上がったら売る」などとあらかじめ取引の内容を予約しておくトレードの方法です。

一挙に大きな利益は上げられませんが、そのかわり、大きな損失を出さずに小まめに利益を積み上げて行くことが出来ます。
「トラップトレード」をリピートする予約をする取引手法がいわゆる「トラップリピート」。
FX取引は元本割れを起こすリスクがありますが、しっかり外国為替や金融などの勉強をして正しい取引戦略で行えば、それほど危険なものではありません。
ここで重要な事は一気に大儲けしようとしないことでしょう。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*