金利政策と円対ニュージーランドドルン関係について

金融政策とは各国の中央銀行が金融面での政策を行う事で、国内経済の安定や景気向上のほか金融引き締めや金融緩和を行ったりします。
日本では最近ゼロ金利政策を取り、ニュースなどでも解説がなされていたためご存知の方も多いとは思いますが、このゼロ金利政策とは、日本銀行=日銀が取った金利政策の一つです。
更にゼロ金利どころか、2016年1月には日本で初めてとなるマイナス金利政策を取り、さらにメディアなどで取り上げられています。
このマイナス金利とは、例えば通常私たちが銀行に預金を行っている場合、金利が付きますが、この金利をマイナスにするというものです。
しかし、このマイナス金利に関しては、日銀に各銀行がお金を預ける際に付く金利がマイナスになるという事で、私達一般消費者が預けている預金の金利がマイナスになってしまうというものではありません。

日銀が行ったマイナス金利、いったいどのような影響があるのでしょうか。
銀行としてはマイナス金利となり目減りしてしまう預金を、わざわざ日銀に預けてしまうより、企業などにお金を貸し出して利息を得る方がずっと得策です。
それによって、一時は貸し渋りなどが行われていましたが、銀行側の貸し出しラインもやや緩くなるという事です。

では話は変わってニュージーランドではどのようになっているのでしょうか。
PBNZと言われるニュージーランド準備銀行が年に8回金利政策を発表しています。
これによってFXのスワップ金利も決まります。
オーストラリアとニュージーランドは金利が高い事で知られています。
ニュージーランドドルが下がる、もしくは日本の金利が上がると、FXの日本円対ニュージーランドドルの場合、スワップ金利が下がってしまいます。

主要先進国の金利は低く、途上国などでは金利が高いというのが定説ではありますが、オーストラリアとニュージーランドに関してはこの定説にはあてはまりません。
昔と比べると金利が下がっていると言われているニュージーランドドルですが、まだまだ日本と比べると金利は高く、FXを行うのであれば狙い目だと言えます。

FX初心者に向けたFXの魅力について

多くの方が資産を増やす投資対象に一度はFXはどうだろうかと頭をよぎった事があると思います。
でも、実際にFXってどのような魅力があるのでしょうか?
今回はこれからFXを始める方に向けたFXの基礎編、魅力について話を続けたいと思います。

先ず何よりも魅力だと言われているのが、少ない自己資金からレバレッジを掛ける事で、大きく利益を得る事が出来るチャンスがあるという事。
このレバレッジは最大25倍まで可能で、初心者であればいくらか?という事がインターネットやFX初心者向けの雑誌などにもよく書かれていますが、初心者向け適正価格なんて無いと考えた方が良いでしょう。
なぜなら、証拠金を上回る損失を出す恐れがあり、万が一証拠金を上回った場合、追加支払いを行わなければいけないため、その余力範囲内で行えばいいのではないかと思います。

FXにはロスカット(=損切り)という仕組みがあり、これは含み損が大きくなりすぎた場合、強制的に決済が行われる事を言いますが、レバレッジが高ければ高いほど、このレバレッジの出番が多くなる様です。
強制的に決済が行われる基準として、予め設定されている必要証拠金維持率を下回った場合に行われる事が多く、この必要証拠金維持率はFX業者によって20%であったり30%であったりと異なっています。
尚、ロスカットにならないためには証拠金を追加するか建玉の一部を決済する事で回避する事が出来ます。
しかし、ロスカットシステムがあるという事はハイリターンである反面、ハイリスクでもあるため、個人投資家を守るための手段であり、これもFXの魅力と言えます。

次に手数料が安いという事。
多くの業者では手数料が無料で行う事が出来ますので、売買のために不要な資金を支払う必要がありません。
更に、ほぼ24時間取引が出来る点、金利差によって得られるスワップポイントによっても利益を得る事が出来るという点です。

如何でしたでしょうか。
これだけの魅力があるFX、あなたの資産運用にFXを始めてみては如何でしょうか。

FXで手堅く儲ける、トラップトレードをリピートする取引

FX取引が流行しています。
FXという言葉は一般的には「Foreign eXchange」の事で、つまりは外国為替。
しかし、今巷で「FX」と言った場合「CDF」というデリバティブ金融商品のうち、外国為替を対象にした取引契約を指すのが普通だと思います。

その意味でのFXは『外国為替証拠金取引』と表現され、一定額の証拠金を担保に入れると、その担保の金額の数倍から数十倍の取引ができる契約です。
そして、「CDF」としての「FX」では取引金額の全てを受払するのではなく、売買の差額のみを交換します。

「FX」では外国為替市場での各国通貨取引レートの変動を利用した売買差額で利益を出す取引ですから、場合によっては元本割れを起こすリスクがあります。
この為、取引の仕方を工夫して巨額の損失を出さないようにする必要があります。
FX取引では一般にロスカットというシステムが備わっていて一定の損失を出すと強制的に決済が行われて、巨額の損失にならないように顧客を保護しています。
とはいえ、やはり、あらかじめ損失を出さないような取引のテクニックを用いるべきでしょう。

巨額の損失リスクを減らし長期的に手堅く利益を上げるトレードの方法に「トラリピ」という手法があります。
「トラリピ」の手法を顧客用の取引システムに盛り込んでいるFX業者もあります。
「トラリピ」と言うのは「トラップリピート」の短縮形。
「トラップ」は「罠」の英訳で、「リピート」とはこの罠を繰り返すと言う意味になっています。
「トラップトレード」に関しては、「もし、一定の金額まで下がったら買い」「もし、一定の金額まで上がったら売る」などとあらかじめ取引の内容を予約しておくトレードの方法です。

一挙に大きな利益は上げられませんが、そのかわり、大きな損失を出さずに小まめに利益を積み上げて行くことが出来ます。
「トラップトレード」をリピートする予約をする取引手法がいわゆる「トラップリピート」。
FX取引は元本割れを起こすリスクがありますが、しっかり外国為替や金融などの勉強をして正しい取引戦略で行えば、それほど危険なものではありません。
ここで重要な事は一気に大儲けしようとしないことでしょう。

FXのスワップポイントとは?

外国のお金を安く買って、高くなったら売るということが、FXのおおまかな概要です。
ですが、価格差で利益を発生させる方法以外にも、FXで利益を得る方法があるということを知っていますか?
それは、”スワップポイント”を狙っていくという取引です。

保有しているポジションを決済することなく持ち続けていると、1日ごとに金利が発生する仕組みです。
スワップポイントとは、この金利のことを指します。
ポジションの決済を先延ばしにすることでスワップポイントが発生するということですね。
スワップポイントは、日本が超低金利国であるため得ることができるものということを知っておきましょう。
ということで、スワップポイントを狙うなら高金利の国の通貨を買うことが利益発生のカギとなります。

また、FXでスワップポイントを狙っていくというケースの場合、長期保有が大前提です。
たとえば金利が高い通貨であるオーストラリアドル、南アフリカランドといったものならスワップ金利と為替差益の両方で利益を獲得できるチャンスということになります。
ただし、オーストラリアドルはマーケット自体の規模が非常に小さく、大口の注文に対応していないことが注意点。
相場の動きが一方向になってしまうことが予想され、その際は損失が出てしまうこともあるでしょう。

難しくないFXならトラップトレード

「FXは難しい」「円安だから今FXやっても仕方ない」などと思っている方、それは正解ではないかもしれません。難しくなくて、円安でも円高でも利益を追求できるFXについて考えてみませんか?

FXが難しいというのは、レートを見ながら様々な局面を考えないといけないという強迫観念があるからだと思います。まだまだ円高が進むのか、円安が進むのか、取引している外国通貨の値動きは今が天井なのか底値なのか、などを見極めようと思ったら、たぶん専門家でも難しいんじゃないでしょうか。でも、そんなに難しく考えなくていいんです。FXは、安いときに買って高いときに売るだけで利益が出るのですから。いつでも、ある一定のところで買って、それが一定幅上がったら必ず売る、という風にすれば、それが円安のときだろうが円高のときだろうが利益が得られるということです。

「でも、そんなにこまめに注文を入れたり決済したりできないよ。」とおっしゃる方がきっといらっしゃいますね。そこで重宝するのがトラップトレードです。一定幅の利潤を得たら自動的に決済してくれる仕組みを提供しているFX会社がいろいろありますので、チェックしてみてくださいね。便利に楽しくFXをして、利益も追求してみましょう。

FXをこれから始めたいあなたへ

漠然と「FXしてみたいなあ」と思っている場合、最大の壁はその用語のわけのわからなさではないでしょうか。FXについての情報サイトはたくさんありますが、どれもこれもサイトの文章の中には専門用語がたくさん入っているので、情報収集をするのに一苦労するという方は少なくありません。そこで、ここには、FXをこれから始めたいという方向けの、一番最初の情報を載せておきたいと思います。

FXってそもそも何なのか、そこからスタートしましょうか。FXとは、外国為替証拠金取引と日本語訳されます。投資の方法のひとつです。外国為替を交換したり売買したりすることで利益を追求します。外貨預金のことかと混同してしまいがちですが、外貨預金は日本円を外貨に交換して預けておいて、その間の金利に期待するのと、円高の時に外国通貨に交換し、円安の時に日本円に戻したときの為替差額に期待することになりますが、FXの場合は、保有中の金利に相当する「スワップポイント」がもらえることと、「レバレッジ」といって元本の何倍もの額の取引ができることが魅力となっています。

為替レートにかじりついて、いつ決済するのかを決めるのは難しいという方も多いと思います。でも、だからといってあきらめてしまわないでください。最近、FX会社各社がリピート系の注文ができる仕組みをリリースしています。つまり、お目当ての外国通貨が、いくらになったら買って、いくらになったら売るのかとか、いくら上がったら売っていくら下がったら買うとかを、自動的にリピートしてくれるわけです。自分にとってどこの会社のシステムが便利かを見極めてから、FX口座を作っても良いかもしれませんね。

FXをするならトラリピがおすすめ

投資をしたいなあと考えて、FXを始める方がいらっしゃるかと思います。でも、FXってなかなか緊張しませんか?うっかり売りそびれて損をしたらどうしよう……なんて考えていると、日中も気もそぞろ、夜も気になって眠れない、なんて方がいらっしゃるかもしれません。でも、副業としてFXをしたりしているなら、そんな状態では困りますよね。そこで無理なくFXに取り組み、安心して利益を得られる方法をご紹介したいと思います。それは、トラリピです。

FXをしていれば、あなたのPCには自然とトラリピの広告バナーが表示されていたりするかもしれません。でも、「トラリピ」といきなり言われても、知らなければFX関連の用語だとは想像できませんね。

トラリピは、「トラップ」「リピート」「イフダン」という3つの発注を組み合わせたものです。今のポジションがいくらになったら売るとか、いくらになったら買うとか、そういうのをあらかじめ設定しておける発注方法なので、レートの変動サイクルを気にしたり、目先の動向を予測したりする必要がないのです。忙しくてこまめにレートのチェックができない方も、これなら安心ですね。夜も安心して眠れることでしょう。

トラリピについて詳しく知りたい方は、トラリピ初心者.comというサイトがわかりやすいのでご覧くださいね。

FXのおすすめ注文方法。

FXの注文方法のひとつに、「逆指値注文」というものがあります。
特にFXを始めたばかりの初心者の方におすすめと言われている注文方法で、トレードの核になるという専門家もいらっしゃるほど。

逆指値注文を分かりやすくご説明しますと、
・相場が安くなったら売り注文を出す
・相場が高くなったら買い注文を行う
とあらかじめ設定しておくのです。

「指値注文」と呼ばれる逆指値注文と真逆のシステムの場合は利益を上げるために相場が動き始める前に取引を行います。
逆指値注文は全く逆のタイミングでの取引となるため、確実に利益が伸びるタイミングを逃すことがありません。
そこをしっかりと見極めた注文となるので、利益が出やすいということですね。
さらに損失を最小限に抑えるリスクヘッジのためのトレードができるということも魅力のひとつと言えるでしょう。

さらに、常にチャートを見ておかなければならないということもありません。
設定さえしておけば、あとは自動でおまかせ。
非常に使える注文方法なので、ぜひ実践してみてください。

FX業者のサイトなどでデモトレードなどが行えるサービスを実施しているところもあるようなので、どのような流れで注文をしていくのか知りたいという方は参考にしてみるのもおすすめ。